2020年1月の月間投資運用実績
スポンサーリンク

 

先月(2020年1月)の不動産事業、株式・FXへの投資による運用実績(預金純増額)です。

合計+11.8万円でした。

 

不動産事業

+9.8万円(年利1.0%)

株式配当

+0.8万円(年利0.2%)

FX(自動売買・高金利通貨スワップ)
+1.1万円(年利4.7%)

 

不動産事業の状況

物件1 先月、管理会社から入居契約内定との連絡があり安心していましたが、ぬか喜びに・・・。2DK・一人入居の募集に対してまさか3人入居とのことで、他の入居者様への影響を考慮して当然お断り。結局、1月も一部屋空室となりました。一日でも早く入居が決まりますように・・・。
物件2 固定資産税分割払いの支払いがあったため、キャッシュフローはやや少なくなりましたが、先月から満室で来月からは安定稼働の予定です。
物件3 残り一部屋の空室が1月1日から入居となり、今月から満室に。管理会社との空室免責期間3ヶ月がありますが、まずは安定稼働開始!満室経営、末永く続きますように・・・。

 

1月の不動産事業は・・・今月から、2019年8月に新たに設立した不動産管理会社と個人の間でサブリース契約を締結し、法人の本格稼働を開始しました。これからは、不動産事業は法人を中心に事業活動継続・拡大していきます。物件1は一部屋空室の状況が続いています。物件2・3は満室で安定稼働を開始しています。一つ良いニュースは、法人で戸建物件購入案件があること。しっかり契約・引渡しを終えて、2020年の幸先良いスタートを切ります!

1月の株式投資は・・・購入はSBIネオモバイル・Tポイントを使った単位株のみ。配当は米国株と米国株ETFで1万円弱でした。2月は外国株(米国株・ベトナム株・インドネシア株)の定期購入を実施予定です。

1月のFX投資は・・・一か月約1万円の安定稼働でした。

 

2020年の目標です!
「2020年12月31日までに自由に使えるフリーキャッシュフローを月100万円にします!!!」

2020年も皆さんの投資・事業がうまくいきますように・・・

 

先月(12月)の総合運用実績は、こちら↓の記事をご参照ください。

また、先月を含む過去のすべての月間総合運用実績は、「月刊総合運用実績」のカテゴリーからご確認いただけます。

 

 

定義・前提条件
  • 不動産
    ・「預金増」は、不動産用銀行口座の当月末日の残高から前月末日の残高を引いた預金(キャッシュフロー)純増額です。
    ・「購入価格」は、(簡便的に)諸費用として8.5%を一律、物件本体価格に上乗せしています。
  • 株式
    ・「評価額」は、株式運用先のSBI証券による、本記事投稿時の評価額です。
  • FX
    ・AUD(豪ドル)の「現通貨投資額」は、ポジションが最大に積み上がった場合の金額としています。

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事