週刊【30秒!豪ドル円相場】先週の動きと来週の見通し(190902-190806)
スポンサーリンク

 

こんにちは、キャピタリスト K です。

豪ドル円(AUDJPY)相場の先週の動きと来週の見通しを、30秒前後でざっくり押さえていただけるようまとめました。

先週の豪ドル円は・・・
週をわたって上昇する展開となりました。9/3(火)のオーストラリア準備銀行(中銀)理事会を控えた様子見ムードから、週明け9/2(月)から9/3(火)までは値動き乏しく、71.50円手前のレンジで推移しました。注目のオーストラリア準備銀行理事会では、市場の予想通り現在の政策金利(1.00%)の据え置きが決定されましたが、理事会の声明文では懸念された追加利下げについての言及がなかったこと、また、米中両国閣僚により10月初旬に通商協議が再開されるとの報道を受け、米中対立への緊張感やリスクオフムードが後退し豪ドル買い円売りが優勢となり、週末にかけて73円台前半まで上昇して引けました。

さて、来週は・・・
オーストラリア国内の主要経済指標の発表がない中、引き続き米中貿易問題を巡る両国高官らの発言や報道に左右される展開か?はたまた、先週のオーストラリア準備銀行(中銀)理事会の結果を受け、早期追加利下げ観測はやや後退しつつあり、豪ドル円はやや強含みか?

 

ご参考になれば嬉しいです。
来週は、みなさんの豪ドル決済がたくさんありますように!!!

 

 

マネースクエア

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事