SBI証券で米国株式ETF投資-SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF(SPYD)_20201215
スポンサーリンク

 

こんにちは、キャピタリスト K です。

SBI証券の口座を使った外国株式積立投資。
四半期に一度(2月/5月/8月/11月)の定期購入・追加投資の報告です。

 

米国株ETF、S&P500高配当株式ETF(SPYD)

追加投資は3口。
手数料を含めた日本円での追加投入額は10,617円。
が、実際には配当金で貯まったお金(USD)での購入なので、実質投入額は0(ゼロ)!
これぞ「複利の力」です。

銘柄
(会社)

コード 購入数 購入単価
(USD)
購入総額
(USD)

手数料含む
購入総額
(JPY)

S&P500
高配当株式ETF

SPYD 3口 @33.70 101.10 10,617

 

昨年の分配実績は、下の表にある通り、1口あたり年間1.74ドル。よって、昨年の分配実績をベースにした場合の、この追加購入による年間の「分配金(配当)収入の増加額」、追加購入後の年間の「総分配金(配当)収入額」、「分配(配当)利回り」の見込みは以下の通りになります。

 

  • 分配(配当)収入増加額(見込): 5.22ドル(約542円)
    = 1口当り分配1.74ドル(約180円) × 追加購入3口
  • 総分配(配当)収入額(見込): 55.68ドル(約5,790円)
    = 1口当り分配1.74ドル(約180円) × 累計取得(保有)口数32口
  • 分配(配当)利回り:5.21%
    = 総分配額55.68ドル ÷ 累計投資額1,067.42ドル(114,997円)

 

【SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF(SPYD)の直近の分配実績】

SBI証券で米国株式ETF投資-SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF(SPYD)分配金実績_20201216

SBI証券HPより引用

 

 

今回の現地分配金・権利落ち日は2020年9月18日。次回は8月中旬前後の見込み。

1回でも多くの配当を得られるよう、分配金権利落ち日前の購入(約定!)がおすすめです!!!

 

今日も感謝です。明日もよい一日を!

 

 

SBI証券

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事